ホーム > タグ > アンケート

アンケート

学生さん(研究員さん)受取人払い郵便を有効利用して下さい。

学生さん(研究員さん)受取人払い郵便を有効利用して下さい。 料金受取人払いを知らない学生さんなどが居ます! 大学生(大学院生)の研究などで、アンケートを実施するケースがあると思います。 アンケートの実施(回収)は、料金受取人払いの利用がベストです!
料金受取人払いは、アンケートを記載して、返信してもらったもののみの、「郵便代」+「手数料」で済みます。
アンケートの回収には、相手先にお願いしている立場なので、回収率は100%はあり得ません。研究内容や相手先の都合などにも寄りますが、10〜20%の回収率(←ちょっと適当です)ではないでしょうか? 全てに切手を貼って、出しても約80〜90%の切手は無駄になります。
例えば、アンケート回収用の封筒を1000通製作したとします。 ひとみ印刷所では、長3 茶封筒70g 黒1色印刷 初期費用含む 申請フォローを含む 関東納品で約13,000円(税・送 込)です。 1000通のアンケートに対し、回収率を20%に設定した場合、200通です。 1通の料金は、郵便代(80円)・手数料(20円)で、100円です。 200通 × 100円 = 20,000円です。 合計で¥33,000円となります。
逆に、料金受取人払いを使用しない場合、封筒自体も用意しなくてはなりませんが、切手代として、 1000通 × 80円 = 80,000円が必要となります。
料金受取人払いの利用で、コストは抑えられます。 是非、ご利用下さい。 実は、先日、料金受取人払いを知らない学生さんが、まさに上記にように使われていたので、あえて投稿させて頂きました。 その学生さんは、結局、時間も無く、そして既に封筒へ切手を貼り終えた状態だったもので、利用はされませんでしたが、全くもってもったいないと思いました。。。 . こんな日記を書いているのは、 料金受取人払い専門店 → ひとみ印刷所 .

注文・アンケートハガキの掲載の順番

注文・アンケートハガキの掲載の順番 料金受取人払い(料金後納)は、アンケート回収や注文(オーダー)用紙などによく使われます。 はがきタイプですと、レイアウトも作成してしまいますが、レイアウト指示を頂いて、稀ですが、掲載順序が逆の方がいらっしゃいます。 ※ひとみ印刷所より、説明などを行い、ご理解頂いて変更しております。
A(順番が疑問)

A(順番が疑問)

B(順番が合っている!)

B(順番が合っている!)

私自身、マーケティングをキチンと学んでおりませんが、一応の法則は分かります。 上記「A」と「B」の違いは分かりますか? 『個人情報を聞いている部分』と『オーダーを聞いている部分』が上下逆転しています。 本来、オーダー(注文)を思い立ったが時が、吉日です。 この部分に、皆さんチラシやメールなどで、あの手・この手を使い苦心されていると思います。しかし、そこで、イキナリ「住所」や「名前」を聞かれたらどうでしょう? 自分の立場になって考えてみて下さい。注文(オーダー)しようという意思が砕けませんか?(私は結構砕けるかも・・・) また、個人情報を聞く部分は、オーダー(注文)部分を記載した人にとって、割と楽なハードルとなると思います。 個人情報は、自分自身であれば、惰性でも書ける丸暗記している部分です。 . まぁ、順序が逆の形でレイアウトを送付頂いたお客様にキチンと説明すると、すんなりOK(逆に感謝してもらえる)となるので、レイアウトを作成している際には、ちょっと無関心だったのかもしれません。(料金受取人払いを作る!という一点が重視されて・・・) ひとみ印刷所で、判断してこれは変だと思える部分は、どんどんアドバイスしていきますので、お気軽にご相談下さい。(ご注文者のみね!) . こんな日記を書いているのは、 料金受取人払い専門店 → ひとみ印刷所 .

Home > Tags > アンケート

カレンダー
« 2018 年 10月 »
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
検索
Feeds
Meta
リンク
  • 人気ブログランキングへ
  • Return to page top